アスクルを便利に使う情報サイト

facebook

クロちゃん通信 〜アスクルノトリセツ〜 HOMEアスクル紙のハンブンコに特化した裁断機~時間もコストもハンブンコの巻~

アスクル

紙のハンブンコに特化した裁断機~時間もコストもハンブンコの巻~

裁断機で用紙を半分に切ろうとして、うまくいかなかったことはありませんか?315_29.jpg「ペーパーカッターハンブンコ」なら用紙を真ん中で裁断することに
特化した裁断機なので、紙を早くきれいにハンブンコ出来ますよ!

~ある日のオフィス~

「もう!また半分に切れてない~!!もう一度コピーしてやり直さないと...。」315_02.jpg「ペーパーカッターハンブンコ」
なら紙の中央を切ることに特化した裁断機だから、
ずれることなく真ん中で半分にカットできるんだ!315_03.jpg 紙の中央を切ることに特化したとはどのようなつくりになっているのでしょうか?
「ペーパーカッターハンブンコ」の秘密に迫ってみましょう!

アスクル商品「ハンブンコ」は従来の裁断機と何が違う?

従来の裁断機は「右に裁断部分」がついていて、付属品に「紙押さえ」があるよね。315_04.jpg 「私もそれ使ってるけど、ちゃんと半分に切るためには、紙を半分に折ったり
ゲージの目盛りに合わせて紙をセットしないといけないから面倒なのよね~。」315_25.jpg「ペーパーカッターハンブンコは裁断部分のスライダーが真ん中についていて、
紙押さえの代わりに、左右のゲージ紙を挟み込んで固定させるんだ!」
315_06.jpg
「確かに今までなかったつくりになっているわね、でもどのようにつかえばいいの?」

アスクル商品「ハンブンコ」の使い方

「まずは、紙を置いてゲージで挟んでいくよ。A4用紙をハンブンコしてみよう。」

「片方のゲージを動かすと反対側も同時に開閉する仕組みになっているから、
これを紙にぴったり合わせて、固定させる。」315_36.jpg「そして真ん中のスライダーを上から下へおろしてスパッと切ると...」315_33.jpg「え~~っ!こんなに簡単に半分に切れるものなの!?」315_34.jpg「重ねて切ってもきれいにそろえられたわ!」315_35.jpg「今まで慎重に紙を半分に折ったり、ゲージの目盛りに合わせてたけど、
ハンブンコなら挟んで切るだけだから時間短縮にもつながるわね♪」

アスクル商品「ハンブンコ」はなぜきれいに半分に切れるの?

「ずれない秘訣は2つあって、1つめは紙をしっかり押さえるこのWゲージなんだ。」315_07.jpg※左右のゲージで紙を両端から挟み込むことにより
紙の中央を切れる手動裁断機として世界初の機能になっています。
(北米、欧州、アジア、オセアニア、南米地域の主要国のWEBサイト調査。
2016年9月〜11月 プラス株式会社調べ)

「2つ目は真ん中のスライダー部分に秘密があるんだ」315_08.jpg ①刃がブレにくい「センターレイアウト」315_09.jpg刃をハンドルの中央に配置。
刃の真上から押すことで刃がブレにくくなり真っすぐに切りやすくなっています。

②刃が同じ軌道を通る「逆三角形マット」315_10.jpgマットが左右にずれると刃はマットの溝に誘い込まれるため、刃が蛇行しやすくなります。
「ハンブンコ」はカッターマットの形状を逆三角形にすることで、
マットがズレないので刃が同じ軌道を通り、真っすぐに切りやすくなっています。

消耗して切れ味が悪くなった場合も交換が楽です。
替刃は裁断時しか刃が出ないカートリッジ式なので、ワンタッチで安全に交換ができます。315_12.jpg

2017年ハンブンコ「日本文具大賞」と「第11回キッズデザイン賞」を受賞しました。
機能・デザイン・安全性が高いところが評価されています。
315_37.jpg

◆2017年日本文具大賞」とは
2016年11月以降に発売された文具の新製品、リニューアル製品の中から、
機能面・デザイン面において、もっともすぐれた文具に贈られるアワードです。

◆「第11回キッズデザイン賞」とは
NPOキッズデザイン協議会が主催する
【子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン部門】で受賞しました。
裁断時や刃交換時に刃に触れる心配がないので、
お子さまがいる環境でも安心して設置・使用できることが評価されました。

消耗品のカッターマットは刃を受ける所が6箇所(1面につき2箇所×3面)あります。315_13.jpg面を回しセットし直せば1本で長持ち。付属品のランニングコストが低いのも魅力ですね。

また、従来の裁断機は重く、持ち運びに意外と不便なところがありますが、
ハンブンコ(A4サイズ)はなんと950gととっても軽量なんです。315_22.jpgハンブンコは最大20枚裁断出来て、取っ手付きなので持ち運びしやすいので実用的ですね。

アスクル商品「ハンブンコ」はこんなシーンで活躍します!

ペーパーカッターハンブンコは様々なシーンで活用できます。
用紙を使い分けなくても、簡単に半分に切れるので経費削減につながります。315_14.jpg

学校...A3用紙に2面付けして半切すると、コピー代や用紙代の節約に!
会社...申請書の裁断に。裏紙を利用したメモ用紙の作成も簡単
薬局...A4用紙を半切して(A5)、調剤録や領収書の印刷に。
病院...毎日使う面会者の受付用紙や配布資料の作成に。

アスクルへのレビューでも、様々なサイズの用紙を使用されている方には
「ハンブンコは時間削減や経費削減につながる」と高評価を頂いています。
315_18.jpg

用途によってサイズ違いの用紙を別で購入されていた方は経費削減につながりますね!
動画でも詳しい使い方を紹介しているよ!

アスクル商品「ハンブンコ」は時間もコストもハンブンコ

ハンブンコは、A3タイプ用とA4タイプ用がありますが...
実はA4タイプでも、A3用紙をハンブンコできるんです。315_31.jpg※ハンブンコ(A3タイプ)なら、新聞紙のようなA2サイズの用紙でもハンブンコできます。

ハンブンコ(A4タイプ)は裁断の幅も広く、
最大A3サイズ~最小A7サイズの間を裁断できるようになっています。315_28.jpgズレが生じず切り口もきれいに切れるので、B4・B5サイズに切ったものを
印刷しても紙詰まりで悩むこともなさそうですね!

そのほかに短冊切りや定型サイズに切り出すことも可能です。315_26.jpg用紙を真ん中で半分に切るだけでなく、
様々な機能を使って好きなサイズに切り出せるハンブンコ。
裁断の時間短縮&用紙の経費削減にピッタリの商品です。ぜひ試してくださいね!

~翌日~
「で...この紙の山はいったいどうしたの?」
「みんなハンブンコするのにはまっちゃって...(笑)」 315_23.jpg

>アスクルインターネットショップで 裁断機 ディスクカッターハンブンコ(A4サイズ)を確認

関連記事